仕事にやりがいはいらないと考えるなら

仕事にやりがいはいらないと考えるなら

学生にとっての本分は勉強をすることですが、これには期限が設けてあります。一定年数に達すれば終わるのが学業なのに対し、定年までの長い期間しなければならないのが、働くという行為です。この長い年月には、さまざまな悩みが生まれます。

男性正社員に期待されることと言えば

今どき、四年制大学を卒業していないと、なかなか会社に採用してもらうことすらむずかしい時代です。そのため、四年制大学卒の男子学生のほとんどが、就活を経て正社員雇用をされていると考えられます。専門的な知識や技術を持っている人を除いては、総合職として入社し、いずれはさまざまな部署を経験し、段階を追って管理職への階段を上っていくことを、企業としても期待しています。そのため、入社早々にもう定時には上がれず、残業続きの毎日が待っていることも珍しくありません。思っていたのと違うと感じても、就活の苦労を思うと、もう少し頑張ろうと思うでしょう。

慣れてくると、さらにやることが増えてくる

新入社員として配属された当初から、定時に上がれず残業が続く毎日を頑張って乗り切り、仕事もできるようになったころ、後輩ができます。ただ、後輩ができれば、それまでよりも楽になるかというと、今度は指導する立場になり、やることが増えるため、やはり残業続きの毎日に変わりはないと思われます。残業代が付けばいいですが、残業代も出ないとなると、このままでいいのかという不安も頭をもたげてきます。もはや仕事にやりがいなどいらないと考え、とにかく目の前のやるべきことをこなし続ける日々になれば、頑張ろうという意欲もわかなくなってくるかもしれません。

少しペースダウンすることも大事

働くというのは、25歳から働き始めたとして、65歳で定年を迎えるならば、40年間の長きにわたって続きます。この間、やりがいはいらないとまで考えて働き続けたとしたら、どこかでゆがみが生じてくるでしょう。仕事にやりがいはいらない、ただ毎日片づけるという感覚で、休む暇なく働き続けているならば、少しペースダウンすることも大事です。そのために、仮に転職することになったとしても、それも選択肢のひとつと前向きにとらえると、転職もうまくいきます。お給料は少し減ることになるかもしれなくても、新しい仕事をすれば、その転職は自分自身を救ってくれるかもしれません。

まとめ

就活が実り、正社員として入ることができた会社なら、できれば頑張りたいと考えます。けれど、毎日のサービス残業で、仕事にやりがいはいらないと考えるのであれば、少しくらいお給料が減っても、新しい仕事に取り組む方が建設的です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

転職は楽な業界を狙うことでストレスを軽減する
楽になりたい気持ちを叶える転職と考えを口にする習慣を
思い切って楽しい仕事に転職してみたら
在宅勤務形式の転職は完全なる実力主義の世界
転職時に必要な手続きと書類を準備しよう!
人気が高い職業に転職してキャリアアップをしよう
転職サイトを選ぶときは比較することが大事
転職エージェントを利用した時に決まるまでの期間
転職エージェントとのメールのやりとりは重要
大手転職エージェントの強みは求人数に充実のサポート体制
転職エージェントを利用する注意点を把握して良い転職を
転職エージェントを利用して成功率をアップさせよう
転職エージェントは無料のサービス
転職エージェントから連絡なしという時の理由と対応方法
転職エージェントとそのスカウトのメリット
転職エージェントのメリットと給与交渉
転職エージェントとサイトの違い
転職エージェントと求人サイトはどっちがおすすめ
転職エージェントは転職後もサポートをしてくれる
転職エージェントが転職理由のサポートをしてくれる
転職エージェントのメリットとその求人の紹介数
転職エージェントでカウンセリングを受ければ希望する企業の深い情報も得られる
転職エージェントだと多くの非公開求人が利用できる
転職エージェントとの面談で希望をしっかり伝える