転職時に必要な手続きと書類を準備しよう!

転職時に必要な手続きと書類を準備しよう!

現代は転職する人が多くなっていますが、転職時に必要な手続きも多く、どれか一つでも怠ると後々やっかいな問題となるケースもあります。そうした問題を避けるために、転職時に必要な手続きの手順や必要書類などを順番に紹介しましょう。

転職の手順は職場に退職を伝える所から始まる

転職に必要な手続きの手順は、まず務めている職場に退職願を提出し、退職日を決める所から始まります。一般的には、退職する意思表示をする書類が退職願であり、職場の責任者が退職を承諾した際に提出する書類が退職届です。前者は職場が承諾をする前に撤回する事が可能ですが、後者はそれができません。そのため、後者は正式に退職日を決定した際に提出すると覚えておくと良いでしょう。また、これらの書類はオフィシャルな書類となるため、手書きで作成する事、そして文面に退職を希望する、または退職するとはっきり書く事が重要です。その際に、退職理由に触れる事は好ましくなく、どんな理由があっても一身上の都合と書くようにしましょう。

退職したら、社会保険関係の手続きを行う

退職後は、健康保険や厚生年金を切り替える手続きが必要です。健康保険は勤め先が加入していた健康保険組合から国民健康保険に、厚生年金は国民年金に切り替える手続きを行います。手続きは居住地の役所で行いますが、その際に離職票や雇用保険受給資格者証など退職日が証明できる書類や本人確認書類、マイナンバー(扶養している家族の分を含む)、印鑑などが必要となります。また、失業保険を受給する場合は、ハローワ-クに離職票や失業認定申告書を提出して失業認定を受ける必要があります。認定期間ごとの手続きには、雇用保険受給資格者証が必要となりますが、これは転職先に提出する書類であるため、紛失しないように注意して下さい。

転職先に提出する書類を準備する

転職が決まったら、転職先に提出する書類を準備します。まず、年金手帳と雇用保険被保険者証が必要となり、退職した年に転職先入社した場合は、年末調整のために源泉徴収票も必要となります。それらを内定時に受け取った誓約書や身元保証書、雇用契約書などと合わせて、入社時に提出できるように準備しましょう。また、最終学歴の卒業証書、あるいは業務や手当の支給に必要な資格の合格証書の写しを求められるケースもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。そして、入社後に勤め先の健康保険組合に加入後には、国民健康保険を脱退する手続きが必要であり、それには勤め先の健康保険組合が発行する保険証が必要となります。なお、国民年金は厚生年金に加入すると自動的に切り替わるので手続きは必要ありません。

まとめ

このように転職時に必要となる手続きは、社会保険に関するものが多いです。特に、健康保険の手続きが遅れると病院等で全額負担しなければいけませんので、早めに手続きを行う必要があります。また、入社直後の脱退の手続きも忘れがちですので、新しい保険証を受け取ったら遅滞無く手続きを行いましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

転職は楽な業界を狙うことでストレスを軽減する
楽になりたい気持ちを叶える転職と考えを口にする習慣を
思い切って楽しい仕事に転職してみたら
仕事にやりがいはいらないと考えるなら
在宅勤務形式の転職は完全なる実力主義の世界
人気が高い職業に転職してキャリアアップをしよう
転職サイトを選ぶときは比較することが大事
転職エージェントを利用した時に決まるまでの期間
転職エージェントとのメールのやりとりは重要
大手転職エージェントの強みは求人数に充実のサポート体制
転職エージェントを利用する注意点を把握して良い転職を
転職エージェントを利用して成功率をアップさせよう
転職エージェントは無料のサービス
転職エージェントから連絡なしという時の理由と対応方法
転職エージェントとそのスカウトのメリット
転職エージェントのメリットと給与交渉
転職エージェントとサイトの違い
転職エージェントと求人サイトはどっちがおすすめ
転職エージェントは転職後もサポートをしてくれる
転職エージェントが転職理由のサポートをしてくれる
転職エージェントのメリットとその求人の紹介数
転職エージェントでカウンセリングを受ければ希望する企業の深い情報も得られる
転職エージェントだと多くの非公開求人が利用できる
転職エージェントとの面談で希望をしっかり伝える