転職エージェントを利用する注意点を把握して良い転職を

転職エージェントを利用する注意点を把握して良い転職を

希望の転職を叶えるためにも、有益な情報を持つ転職エージェントは使うべきですが、転職エージェント利用には注意点もあります。だからこそデメリットや注意する点を把握して、足手まといになるようなエージェントではなく、有能なエージェントを利用した転職活動をするこことです。

エージェント担当者のセールストークには注意を

転職エージェント選びの注意点として、営業トークにのせられないことです。エージェントの利用は有料ではなく、基本的に無料でできますが、登録者が内定を取り転職が成功をすると、多額の報酬が企業からエージェントに支払われます。担当者にはノルマもありますし、定時をした年収のおよそ30%前後の報酬は大きいです。こうした背景があるので、エージェント側も言葉巧みに誘導をして、すぐにでも職場を決めさせようとします。全ての担当者が自分のノルマのことしか考えないわけではないため、真剣に向き合ってくれる担当者の出会いが大切です。

その人の転職市場の価値が左右することも

転職エージェント利用は良い職場を見つけるのにも最適ですが、注意点として本人の価値も関わり、転職市場の価値が左右します。未経験から企業の正社員にトライする人や、年収が300万円に満たない人、高齢者である年齢的なネックや、正社員から離れてブランクの長い人は、転職市場価値が低いと評価される可能性はあります。現実的に社会で働く人材を求める企業側としても、年齢は若い人を希望しますし、経験やスキルがあって即戦力になる人を求めるのは仕方のないことです。こうした価値の低さから、エージェント登録をしても、案内紹介も受けられないことあります。

面談をしたり電話をしたり何かと時間がかかりやすい

転職エージェント利用の注意点として、意外と転職に時間がかかります。登録者と希望をする企業の間に入って動いてくれるのがエージェントであり、直接企業とやり取りをするわけではないためです。1社につき企業での面接をして、その後どうなったかを知るまでにも時間はかかりますし、内定をしても1週間ならまだ早く、1か月以上かかることもあります。エージェントは代理店のような存在であり、登録者たちが商材です。たくさんのエージェントがありますが、イメージの良くないエージェントに登録をしてしまうと、順調に話が進まない可能性もあります。担当者が合わないときには、ほかのエージェントに移る勇気も必要です。

まとめ

転職エージェント利用の注意点として、親身になってき売れる担当者のいるエージェントを選ぶこと、セールストークにも注意です。ですが実際には優良なエージェントの方が圧倒的に多く、転職をするならば転職エージェントを利用するのは外せません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

転職は楽な業界を狙うことでストレスを軽減する
楽になりたい気持ちを叶える転職と考えを口にする習慣を
思い切って楽しい仕事に転職してみたら
仕事にやりがいはいらないと考えるなら
在宅勤務形式の転職は完全なる実力主義の世界
転職時に必要な手続きと書類を準備しよう!
人気が高い職業に転職してキャリアアップをしよう
転職サイトを選ぶときは比較することが大事
転職エージェントを利用した時に決まるまでの期間
転職エージェントとのメールのやりとりは重要
大手転職エージェントの強みは求人数に充実のサポート体制
転職エージェントを利用して成功率をアップさせよう
転職エージェントは無料のサービス
転職エージェントから連絡なしという時の理由と対応方法
転職エージェントとそのスカウトのメリット
転職エージェントのメリットと給与交渉
転職エージェントとサイトの違い
転職エージェントと求人サイトはどっちがおすすめ
転職エージェントは転職後もサポートをしてくれる
転職エージェントが転職理由のサポートをしてくれる
転職エージェントのメリットとその求人の紹介数
転職エージェントでカウンセリングを受ければ希望する企業の深い情報も得られる
転職エージェントだと多くの非公開求人が利用できる
転職エージェントとの面談で希望をしっかり伝える