転職エージェントとのメールのやりとりは重要

転職エージェントとのメールのやりとりは重要

転職エージェントを利用して転職をするにあたっては、レジュメと呼ばれる自己紹介資料を作成します。これをもとに、エージェントはこれはと思う企業を見つけたら、紹介してきてくれます。それに対するアクションは、素早く行うことが大事です。

素早い反応で返信することが大事

転職エージェントは、転職希望者の要望を常に把握し、企業から求人募集が出た場合、該当者をピックアップしてスカウトメールを送ります。このスカウトメールに対して、いかに迅速に動くかが、転職をスムーズに、そして成功させることができるかどうかにかかってきます。それというのも、スカウトメールは複数の求人募集者が見るわけですから、エージェントとしても、それを見てどう思ったのかを気にしています。返事を素早く送ってくる人もいれば、無しのつぶてという人もいた場合、エージェントの心証のどちらがよくなるかは言うまでもありません。

こまめに連絡を取るようにしよう

せっかく送ってくれたスカウトメールでも、今回はどうもピンとこないということがあると思われます。その際も、転職エージェントにはすぐに返信すべきです。エージェントとしても、スカウトメールを送っても一向に返事がない人と、すぐに返事が来る人とでは、すぐに来る人に先に回そうという気になるのが人情です。重要なのは、好条件のスカウトメールをゲットすることではなく、エージェントと信頼関係を作ることです。メールでやり取りをしつつ、さらに電話を掛けるなど、いっそう踏み込んだ対応をすることで、より積極的に探してもらえる可能性が高くなります。

転職エージェントは間に挟まれるだけにシビアに対応

転職エージェントは、転職希望者と人が欲しい企業の間に立って、間を取り持つのが仕事ですので、間に挟まれて双方の事情をすり合わせる立場にいます。両者が直接話をすればスムーズなところへ、あえて間に入るのですから、その手間はかなりのものになるでしょう。スカウトメールにすぐに反応して連絡をくれる希望者に対しては、良い印象を抱きますし、いつも返事が遅かったり、返事すらもなければ、だんだんと連絡も遠のいてしまいます。転職エージェントが動いてくれないと感じたら、メールへの返信をしっかりやっているかなど、自分を見つめなおすことがまず大事です。

まとめ

いくら転職希望者の意見を聞き、転職先を探すサポートをするのがエージェントの仕事だとしても、スカウトメールに返信も来ないという利用者だと、順番はだんだん後回しになっていきます。これは、エージェントとしても人間である以上、仕方のないことです。

比較ページへのリンク画像