思い切って楽しい仕事に転職してみたら

思い切って楽しい仕事に転職してみたら

仕事をするにあたっては、やりたい仕事をするのか、それとも稼げる仕事をするのか、はたまたできる仕事をするのかといった、さまざまな選択肢があります。そのなかにあって、楽しい仕事をするという選択肢は非常に少ないかもしれません。

初めて仕事をする社会人に生まれる差

仕事をすれば、その代価として給料をもらうことになります。会社としては、雇用した以上、月に数万円から数十万円というお金を支払うのですから、それに見合った仕事をしてもらわないと困ると考えます。新入社員として入社した時には、誰にとっても、どんな仕事も、初めての経験です。持って生まれた器用さや、物覚えの良さから、少し教わっただけであっという間にできるようになる人もいれば、なかなかうまくできない人もいます。うまくできない人にとっては、よくできる人と比べられてしまう分、余計にプレッシャーが重く感じられるでしょう。何度やってもうまくいかない仕事が好きになれないとなっても、無理はありません。

自分で決断して考えて動くことが大事

うまくできない人にとって、スムーズに仕事を覚えていく人に対して焦りを覚えるのは無理からぬことですが、人は人、自分は自分と割り切ることも大事です。そうすれば、肩の力が抜けて、手こずっていた仕事もすんなりと進むようになることがあります。とはいえ、そもそも仕事をしていて、時間を忘れるほど楽しいということはめったにありません。多かれ少なかれ、みんな終業時間が来るのを待ちわびながら、与えられた仕事をこなしているでしょう。誰かと比較して仕事がつらいと感じていたり、ひたすら終わる時間を待っているのであれば、思い切って自分にとって楽しい仕事を探して、転職をするという決断も必要です。

楽しければ仕事はどんどんできるようになる

記事のイメージ画像

たとえお給料が少なくても、この仕事は自分にとって楽しいと思えるという仕事に転職できたら、お給料が減ったことさえも、後悔しないでしょう。もちろん、楽しい仕事にだって、時にはつらいことや嫌なことも起こりますが、根本的にこの仕事が好きで、楽しいという気持ちがあれば、また気を取り直して仕事に取り組めます。そんな楽しい仕事をするには、自分で探すしかないのです。自分と向き合い、自分はいったい何が好きなのかをはっきりさせ、その好きな気持ちを生かせる仕事を探すしかありません。それができたとき、仕事はどんどんできるようになっていきます。

まとめ

好きなことをやっている時間は、フローと呼ばれ、あっという間に過ぎていく感覚になります。そんな風に感じる楽しい仕事をするには、自分と向き合うことが大事です。何が好きなのかがわかれば、やっていて楽しいと思える仕事に転職できるからです。

比較ページへのリンク画像